創価学会公式サイト

儀典について

Q. 「位牌」は、どのように扱ったらいいのでしょうか。

A. 位牌は、「故人の成仏のために必要不可欠なもの」ではありませんし、ましてや拝む対象でもありません。
もちろん、先祖への追善回向は大切なことです。私たちは、朝晩の勤行などで、御本尊に真剣に唱題し、回向しています。しかし、位牌を置いて先祖の霊を信仰の対象として拝むのは、日蓮大聖人の仏法ではありません。したがって、信心修行のうえでは必要ないのですが、こうした本義を正しく理解していれば、例えば先祖代々の位牌がある場合など、どのように扱うかは各人の自由です。
なお、友人葬でも、故人の名前をしたためたしらきの牌を用いることがありますが、納骨または埋葬後は、しかるべく処分するのが通例のようです。
もともと位牌の起源は、儒教で祖先をまつる際に用いた、官位や氏名を記したもので、中国から日本にもたらされ、江戸時代に一般に普及したといわれています。そして、位牌に亡くなった人の“霊魂が宿る”といった考えから、位牌が信仰の対象になってきたようです。
しかし、日蓮大聖人の仏法には、そうした考えはありません。まして、日顕宗の坊主に高い金を払って、戒名をつけてもらい、位牌に書き入れてもらうことは誤りです。かえって「謗法への供養」になってしまうからです。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会