創価学会公式サイト

儀典について

Q. ペットとして飼っていた愛犬が死にました。御本尊に、愛犬の回向をしてもいいのでしょうか。

A. もちろん、自身で祈っていくなかで、愛犬への回向をするのは結構です。
一切衆生の救済を説く仏法では、広い意味では、動物も衆生に含まれます。
人間だけではなく、動物までも含めて「衆生」とする仏法に、広く、深い慈悲が光っているのです。さらには、仏法は衆生(有情)には含まれない「非情」の草木、山河、大地などにも仏性を認めています。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会