創価学会公式サイト

勤行について

Q. 仕事の都合などで、朝晩の勤行が、不規則な時間になってもいいのでしょうか。

A. 勤行をする時間に、特別な決まりはありません。基本は、生活のリズムに合わせて朝と夜に勤行を行うことになっています。
ですから、夜勤などでどうしても翌朝の勤行がお昼過ぎになってしまうとか、逆に昼ごろに夜の勤行をしてから出勤するなど、勤行の時間が不規則になったとしてもやむを得ません。
勤務形態や、個々の事情に合わせて、もっとも自分の生活にとって価値的な時間を選んで行ってもさしつかえはないのです。
また、勤行の際には、近隣など周りの方への配慮も大切です。周囲の状況や時間帯を考えずに、大きな声で勤行するようなことは避けていきたいものです。良識ある行動こそ、大切であるといえます。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会