創価学会公式サイト

勤行について

Q. 御本尊のどこを見て勤行をすればいいでしょうか。

A. 御本尊のどこを拝して勤行をしてもかまいません。自然な形で結構です。中央の南無妙法蓮華経の文字あたりでもいいですし、全体を拝しながらでもいいでしょう。
目は、はっきりと開いて御本尊を正視したほうがいいのですが、あまり神経質になる必要はありません。もちろん、目が不自由な人は、御本尊を心に思い浮かべて、祈っていけばいいのです。ともあれ、真剣な信心があれば、祈りは全部、御本尊に通じます。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会