創価学会公式サイト

勤行について

Q. 勤行の時、正座をしなくてはいけないのですか。

A. 正座は、今日の日本における一つの形式であって、必ずしも勤行で正座をしなければならないということではありません。イスを使ってもよく、足が悪い方は、足を崩してもかまいません。無理に正座することで、本来、心豊かに行うべき勤行が、かえって苦痛になってしまっては、何にもなりません。
きちんとした身なり、敬慕の念をもって、御本尊を拝することが大切なのであり、いたずらに形式にとらわれる必要はありません。
また、仏法には「随方毘尼」という考え方があります。仏法の本義に違わない限り、各国・地域の風俗・習慣や、時代の風習に従うべきであるというものです。ですから、正座の習慣のない国・地域では、必ずしも正座にこだわることはありません。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会