創価学会公式サイト

勤行について

Q. 未入会の家族に気兼ねをして、勤行・唱題を小声で行っていますが、功徳はあるのでしょうか。

A. もちろん、御本尊を信じていく限り、小声であっても勤行・唱題の功徳は厳然とあります。
名誉会長は「『少しでも、お題目を唱えていこう!』『毎日、御本尊に祈っていこう!』と挑戦を続ける心が尊いのです」と指導しています。
真剣な信心があれば、祈りは全部、御本尊に通じます。
ですから、周囲に配慮する必要があれば、自分の耳に聞こえる程度でかまいませんし、やむを得ない場合は心の中で祈ってもいいでしょう。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会