創価学会公式サイト

勤行について

Q. 方便品の読誦の最後で、三回繰り返して読む部分がありますが、これにはどんな意味があるのですか?

A. 方便品の「所謂諸法。如是相。如是性……如是本末究竟等」と、三回繰り返して読んでいる部分には「十如是」が示されています。「如是」とは簡潔に言うと“真実でありのまま”ということです。ものごとの真実で、ありのままの姿、働きなどが十種類に立て分けて説かれているのです。
そこで十如是を三回繰り返して読む理由についてですが、日蓮大聖人は「三遍読に功徳まさる」(御書412ページ、三遍読んでいくことに功徳がいや増していく)と仰せです。これについて、池田名誉会長は「『我が身が尊い仏である』と宣言し、信心の功徳を増していくため」と述べています。
そして、三回読むのは、三つの意義があるからです。ここには深い法理を背景として、種々の意義があるのですが、端的に一例を述べると、第一は、御本尊に向かう自分自身が、そのままで仏の智慧をそなえていると見る読み方です。
第二は、御本尊に向かう自分自身が、そのままで仏の現実の振る舞いをあらわしていると見る読み方です。
第三は、御本尊に向かう自分自身が、そのままで仏の悟りの身の当体と見る読み方です。
このように、三つの側面から、たたえるために「十如是」を三回読むのです。
このことによって、御本尊の素晴らしい功徳がさらに増し、自分自身の胸中に清らかで力強い仏の生命を湧きあらわさせ、幸福に満ちた人生へと開いていくことができるのです。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会