創価学会公式サイト

勤行について

Q. 朝は忙しく、帰宅も深夜になることがあり、なかなか勤行が実践できません。そういう時は題目だけでも良いのでしょうか。

A. 勤行は、なるべく実践できるよう努力すべきですが、無理な場合は、題目だけでも大丈夫です。
体調が悪い時や、どうしても時間のない時など、やむを得ない場合には、唱題だけでもいいのです。
決して、勤行ができなかったからといって、自分を責めたり、悩んだりする必要はありません。ましてや罰が出るといったこともありません。
大切なのは、「毎日、御本尊に祈っていこう」という挑戦を続ける「心」であり、「信心」です。
どのような時も、その前向きの心、信心を持ち続けていくことが、自身の幸福へと結実していくのです。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会