創価学会公式サイト

勤行について

Q. 仏前に供えるシキミは、造花でもいいのでしょうか。

A. 御書には仏前にシキミが必要とは書かれていません。
大聖人は「南無妙法蓮華経と唱え奉るは仏に宝華を奉るなり」(御書741ページ)と仰せです。私たちの唱題自体が、すでに最高の「宝華」を供養していることになるのです。
そのうえで、常住不滅の御本尊を荘厳するために常緑樹のシキミを供えるのですが、シキミの入手が困難な海外では、他の常緑樹で代用していますし、本来の精神に則っていれば、造花のシキミを供えてもよいと思われます。
第一に大切なのは、仏前を真心で荘厳しようという心なのです。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会