創価学会公式サイト

創価学会の活動について

Q. 御書は古い言葉なので、難しく意味が分からない部分も多くあり、なかなか御書の拝読に取り組めないのですが。

A. 教学を学ぶにあたっては、やさしく解説された手引きなどを活用し、その手引きに引用されている御文を御書と照らし合わせながら研さんされてはいかがでしょうか。
そういった意味から、聖教新聞の教学のページで掲載された「やさしい教学」は、信仰の基本から、深い法門までを網羅して、対話形式でまとめられており、初めて教学を学ぶ方に適していると思います。
「きょうの発心」も、日々の信心の指針となる御書の一節を取り上げ、通解とともに、その御文に即した体験が掲載されています。
月刊の「大白蓮華」でも、座談会、研修会などで学ぶ御書が掲載され、御書が書かれた時代の背景や内容の要点、通解、語句の解説、拝読の参考などがあり、御書に親しむことができるよう工夫されています。御書の御文も大きい活字で、ふりがなも丁寧に付されていますので、大変に読みやすくなっています。
また、同誌の「青年と御書」の欄に御書の現代語訳も掲載されています。さらに、教学の研さんの場として、毎月の座談会、隔月で開催される部別の御書講義もあります。こうした場に参加し、分からない部分について質問したりしながら御書への理解を深めていくことも大切です。
なお、さらにくわしく深く知りたいという人は、『御書講義録』や『仏教哲学大辞典』も出版されていますので参考にされてはいかがでしょうか。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会