創価学会公式サイト

創価学会の活動について

Q. 世界192を超える国・地域に、日蓮大聖人の仏法を実践するメンバーがいると聞いています。海外では、どのようにして御書を学んでいるのですか。

A. 世界各国のSGI(創価学会インタナショナル)のメンバーは、各言語に翻訳された御書の研さんを通して、大聖人の偉大な仏法を学んでいます。
現在、『英訳御書』のほか、『中国語版 日蓮大聖人御書全集』も発刊されています。さらに、フランス語版をはじめ、韓国語版、ポルトガル語版、スペイン語版、イタリア語版などの御書(抄録も含む)が出版されています。
大聖人の御書が、このように多くの言語にわたって翻訳されたのは、仏法史上の快挙です。
まさに、日興上人の「大聖人の御書も、広宣流布の時には、仮名交じり文を外国語に翻訳して、広く世界に伝えるべきである」(御書1613ページ、趣意)との御遺命を実践しているのが創価学会なのです。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会