創価学会公式サイト

教学の研さんについて

Q. 「南無妙法蓮華経」の「南無」とは、どんな意味があるのですか。

A. 「南無」とは、古代インドの言葉である梵語の「ナマス」、あるいは「ナマス」の変化型の「ナモー」という音をそのまま伝えて漢訳したもので、「南」とか「無」とかの漢字自体の意味とは関係ありません。
「ナマス」とは「帰依する」「帰命する」、つまり命を捧げる、それほど大事に敬うという意味があります。ですから、「南無妙法蓮華経」は、「妙法蓮華経に帰命する」ということになります。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会