創価学会公式サイト

教学の研さんについて

Q. 会館などに掲げられている三色旗には、どういう意味があるのですか。

A. 私たちが親しんでいる三色旗は、1988年(昭和63年)4月27日に開催された第1回全国婦人部幹部会の席上、名誉会長から「時代感覚にマッチした、明るい、鮮やかな色とデザインの旗を」との提案を受けて作られました。旗の「赤」「黄」「青」の三色には、さまざまな意味があります。
創価学会では、赤は「勝利」、黄は「栄光」、青は「平和」を表しています。
婦人部では、赤が「和楽」、黄は「求道」、青は「福運」。
聖教新聞社では、赤が「太陽」、黄は「知性」、青が「広宣流布」の意味があります。

▲ページトップ

戻る
ホーム

Copyright(C)
創価学会