創価学会公式サイト

北海道・関西対策本部が支援に全力
(2018/09/09 更新)

写真 札幌市清田区での被災者への激励の様子
写真 大阪・生野区での被災者への激励の様子
2018年9月6日に発生した北海道胆振地方を震源とする地震。余震はおさまらず、依然、緊迫した状況が続く。
札幌市清田区の一部では地震で道路が大きく陥没。液状化で甚大な被害が出ている。さらに水道管が破裂。濁流が坂を下り、周囲が泥水に漬かった。
2018年9月8日、その道路沿いに自宅がある会員の元へ清田栄光区の我妻区長が、この日の聖教新聞を手渡し、真心の励ましを送った。

また関西各府県では、台風21号による記録的な暴風雨や高波により、広範囲にわたって家屋や建物が損壊し、人的被害も発生した。
2018年9月8日、山内関西長は、大阪中央総県の深松総県長らと大阪市生野区の友のもとへ。
自宅屋根が強風で破損し、今も停電が続くため、避難所生活を余儀なくされている会員の元へ。関西長は被災当時の話に耳を傾けつつ、励ましを送った。
次いで自宅の壁の一部が崩れ落ちた会員宅を訪ねた。
「同志の真心が立ち上がる力になりました」と語る会員に、関西長は「皆で支え合い、不屈の“負けじ魂”で乗り越えましょう」と語った。



<<前へ - 次へ>>

▲ページトップ

ホーム

Copyright(C)
創価学会